コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

半導体加熱用

クリーンで安定した熱エネルギーを特長とし、低温域から高温域まで幅広い温度域に、早いレスポンスで利用できます。

コンテンツタイトル下地

半導体加熱用ラインナップ

QAP120V2000W

QAP120V2000W

形状・構造
G22
特徴
高いコントロール性能で小型・クリーン・長寿命を特徴とし、投入電力の85%以上を赤外線に変換、放射する高効率な熱源です。
JPD120V1000W/L

JPD120V1000W/L

形状・構造
アルミベース
特徴
コンパクトで大容量の出力により、アニール処理、乾燥、加熱等に幅広くご使用いただけます。
No image

JID95V630W

形状・構造
赤ベース
特徴
半導体の高速熱処理用の熱源に利用され、95V電圧で高出力タイプです。
No image

JID82V550W

形状・構造
青ベース
特徴
半導体の高速熱処理用の熱源に利用される高出力仕様です。
No image

JID82V500W

形状・構造
黒ベース
特徴
半導体の高速熱処理用の熱源に利用される標準仕様です。
No image

JID82V520W

形状・構造
ロングベース
特徴
半導体の高速熱処理用の熱源に利用され、口金が長い仕様です。
JID100V550W/E11

JID100V550W/E11

形状・構造
片口 E11タイプ
特徴
コンパクトで大容量の出力により、アニール処理、乾燥、加熱等に幅広くご使用いただけます。口金にスクリュータイプのE11を採用し、交換が容易となりメンテナンス性が向上します。
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る